「ラハム・ビ・アジーン」中東のジューシーなひき肉ピザ


アラブ、中東地域には、ラハム・ビ・アジーン(肉と生地)という、ひき肉を使ったピザのような料理があります。

この料理の発祥地、トルコやアルメニアでは「ラフマジュン」、シリアでは「スフィーハ」と呼ばれ、大きさや生地の厚さなど、少しずつ違いますが、街角で手軽に買えるので、小腹が空いたときにもぴったりのスナックなのです。

このラハム・ビ・アジーン、見た目よりも軽くジューシーで、特に生地が薄いタイプだと、何枚でも食べられるのです。

その秘密は大量のトマト。ひき肉をただのせて焼いたわけではありません。こんなに?と思うぐらいのトマトを入れることによって、生地はしっとり、重くないラハム・ビ・アジーンになるのです。

材料 直径20センチ×5枚

~生地~

強力粉…200g

ドライイースト…2g

ぬるま湯…120g

砂糖…大さじ0.5

塩…少々

~ひき肉ミックス~

牛ひき肉…200g (羊でも可)

トマト…200g

玉ねぎ…100g

パセリ…10g

ニンニク…1かけ

トマトペースト…小さじ1

ザクロシロップ…小さじ2(好みで)

スパイスミックス…小さじ1(オールスパイス)

塩…4g(小さじ1杯弱)

こしょう

作り方

①生地の材料を全て混ぜ、滑らかになるまでよくこねる。一つにまとめて蓋をして2時間以上休ませる。

②トマト、玉ねぎ、パセリは細かいみじん切りにする。材料をよく混ぜ合わせる。

③生地を5等分する。台に打ち粉(分量外)を薄くのばし、生地をのせ、麺棒で直径20センチ程度にのばす。

④生地をオーブンペーパーなどにのせ、ひき肉をまんべんなくのばす。

⑤230度に予熱したオーブンで10~15分焼く。

玉ねぎとトマトはできるだけ細かいみじん切りにします。フードプロセッサーを使うと便利です。

トマトの水分にもよりますが、ひき肉ミックスはたっぷんたっぷんになります。

オーブンはできるだけ高い温度で、天板はあらかじめ入れて、ガンガン熱くしてください。これ、最大のポイントです。

今回のレシピでは、直径センチ20センチで仕上げましたが、地域によって大きさも厚さもさまざま。

どれが正しいというのはありません。

アルメニアだと極薄の場合が多いですが、シリアだとちょっと厚めで小さめサイズが多いように感じます。

生地を薄くのばす方法以外には、例えばバールベック風スフィーハと呼ばれるものだと、4辺を折り返し、小さな箱のようなタイプ。

トリポリ(レバノン)風だと、バクラワに使われる極薄の生地を使います。

ひき肉ミックスは基本の材料の他、ミントやヨーグルトなどを入れても美味しいです。

アレッポ風だと、トマトを控えめ(またはナシ)で、ザクロシロップをたっぷり入れたり、タヒーナを入れたり。

アレンジは無限大。

ピザのように放射状に切って食べたり、大きめで薄いものはハーブなどを巻いて食べても美味しいですよ。

レモンをギュッと絞るのをお忘れなく!

飲み物はヨーグルトドリンク(ラバン、アイラン、タンetc…)で!

ヨーグルト100ccに水150cc、塩少々をよく混ぜるだけ。

簡単で健康的なドリンクです。

#ひき肉 #ザクロシロップ #パイ

© 2016 アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間