【カイロ】とろとろ肉のニーファ専門店 “元祖”のお店へ行ってみる


以前の記事でご紹介したとろとろ肉ニーファの専門店「Nefah Alnagahi」。

分裂騒動でオープンした新店舗へ早速行った話を書いたのですが、“元祖”の店舗にもつい先日行ってきたので、取り急ぎ報告します。

お店はイスラム地区、ハーンハリーリの南のエリアにあります。

外観は以前と変わらず。

入り口脇の通りから見える場所にお肉の台があります。

以前はここにお店の顔ハーニーさんがおられました。

メニューはこちらも変わらずニーファのみ。好きな量を頼めます。

サラダの汁。唐辛子が効いていて辛いので、少しずつすすりましょう。

サラダはシャキシャキ。これがいい箸休めになるんです。

タヒーナも濃厚でおいしい。

お待ちかねニーファ。0.5キロです。

見た目は前と変わらず、ですが、お味の方は…。

うん、相変わらずおいしい。モモの部分かな、とろとろ柔らかく、パンでつまんで、タヒーナをちょいと付けて。

レバーは、こちらは期待していたよりもほんのちょっとパサついていました。

新店舗で食べたレバーが奇跡的なおいしさだったのかはわかりませんが。

スゴッ(ソーセージ)はギュッと味が締まって旨味が濃縮。

強いて言うなら、ハーニーさん時代はもう少ししっとりしていたような気がします。全体がコラーゲンで覆われているような。しかしながら明らかに味が落ちた、などでは全くありません。ほっ。

開店直後だったので、すぐに入れました。

店内も前と変わらず、下町の食堂の趣。

が、こんな張り紙が。

他に支店はありません!そうか。

我々の隣に座ったエジプト人男性が、「サイイダの店(新店舗)はお宅のところの?」と店の人に聞いていましたが、「違います!」とぴしゃりとかわされていました。

分裂前のこの店には、ウエイターは若い気の利く男性が数人いて、これがこのような古い小さな食堂には似つかわしくなく、でもそれによって活気があってよかったなぁ、と思っていたのですが、彼らは新店舗に移ったようです。

お店が別れて約1カ月。これからそれぞれの特徴が表れてくるのでしょうか。

それもそれで楽しみなのであります。

お店のフェイスブックページはこちら

新店舗のフェイスブックページはこちら

#カイロ

​おすすめ記事

© 2016 アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間