甘いゴマクリームがやみつき!アルメニアのタヒーナブレッド


先日の記事「ついに発見!アルメニアにはないアルメニアのパン「タヒノブ・ハツ」」を書いていたら、このタヒーナブレッドを食べたくなったので、久しぶりに作ってみました。取り急ぎ紹介します!

材料 4枚分

強力粉…100g

ぬるま湯…50g

オリーブオイル…大さじ0.5

ドライイースト…2g

砂糖…大さじ0.5

塩…少々

タヒーナ(白ごまペースト)…65g

グラニュー糖…50g

作り方

①パン生地を作る。ボールに強力粉を入れ、中心を少しくぼませドライイーストと砂糖を入れる。塩は端の方に入れる。中心部分にぬるま湯とオリーブオイルを入れ、砂糖とドライイーストを溶かすように混ぜ合わせる。全体をよくこね、生地が滑らかになったら、ふたをして2時間以上休ませる。

②生地を台に取り出し、打ち粉(分量外)をまぶす。直径30センチから35センチになるまで麺棒でのばす。

③表面にタヒーナをまんべんなく塗る。更にグラニュー糖を振りかける。

④中心に穴を開け、外側に向かって巻いていく。

⑤完全に巻き終わったら、4等分に切る。

⑥生地をカタツムリのように巻く。麺棒で直径10センチから13センチほどにのばす。

⑦オーブントレイに並べ、180度に予熱したオーブンで15分ほど、きつね色になるまで焼く。

肝心の手順④の写真は撮り忘れてしまいました…。次回作ったときに載せます。

この「中心からクルクル方」以外にも、端から海苔巻きのように巻く方法もあります。

タヒーナや砂糖が生地の表面から飛び出しても大丈夫。これがこんがり焼けてキャラメル状になり、えも言われぬおいしさになるのです。

中はパイのように層ができています。

タヒーナはネットショップなどで買えるようです。

このアルメニアのタヒーナブレッドはアルメニアにはない、とご紹介しました。

では、どこで食べられるのか。それはレバノンはベイルートのアルメニア人地区です。

レバノンにはもう何度も行っているのですが、一番好きなエリアはベイルート東の「ブルジュ・ハンムード」。アルメニア人地区で、ベイルートの他の地区ではあまり見かけない食べ物も多いのです。

そのブルジュ・ハンムードにある「Ghazar Bakery」は、裏通りにある小さなお店ですが、いつもお客さんが絶えません。かなりの有名店です。

そこのラフマジュンがもう、絶品で!どこで食べてもおいしいレバノンですが、レバノン一、いや、世界一おいしいと思っています。

生地が極薄、挽肉はジューシーであっという間に食べてしまう。

このお店にタヒーナブレッドもあります。

ショーケースの上から2番目がタヒーナブレッド(のはず)です。

ラフマジュンは常に焼きたてが食べられますよ。

数年前には隣にこぢんまりしたレストランもオープンしたので、こちらでアルメニア料理がいただけますよ。

おいしいお店が並んでいると、お腹がはち切れそうになるので困る~。

#パイ #ひき肉 #タヒーナ

​おすすめ記事

© 2016 アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間