【スロバキア】ブラチスラバで食べたい!泊まりたい!


スロバキアと聞いて、パッとイメージが浮かぶ人はどれくらいいるのだろう。

私はというと、うーん、チェコの隣、チェコスロバキアで社会主義、2国に別れた現在も、ちょっと社会主義を引きずる、ちょっと垢抜けないヨーロッパ…と、非常に曖昧なものでした。

でも、世界一ビールがおいしい国チェコと同じ国だったからには、当然スロバキアもビールがおいしいはず!観光は2時間で終了する、一日あれば十分との声もある首都ブラチスラバに3泊してきましたよ。

ブラチスラバは、スロバキアとオーストリア、ハンガリーの国境近くにあり、ウイーンからだとバスで1時間という近さ。空港からもバスがあるのでウイーン観光の合間に日帰りで来る人も多いんだとか。

ブラチスラバに来たかった本当の理由。それはここに泊まってみたかったのです。

この「LOFT HOTEL」は、ビール醸造所併設兼レストラン「FABRIKA」が併設されていて、そこのビールや食事のとてつもない評判を耳にしたのです。

おいしいビールをたらふく飲んで、そのまま眠れる。なんて夢のよう。

FABRIKA自家製ビールは、ラガー、ダークラガー、APA(アメリカンペールエール)、ヴァイツェン(白ビール)の4種類。

ラガーはバリング度(麦汁濃度)12°、アルコール4.6%の極一般的なタイプ。しかしながら、鼻に抜ける風味が強く、濃厚だけど嫌みのない苦みが心地よい。

写真はAPA。最近の流行でよく見かけるようになったタイプ。フルーティーな味わいがおしゃれっぽい。

レストランの奥にはタンクが見えます。

料理が来ました!キクイモとターメリックのスープです。

滑らかでトロン、ほくっとした優しい味。パンがすすみます。

大好きなビーフタルタル!生肉に、玉ねぎや卵黄、スパイスが練り込んであります。にんにくをスライスしたパンにこすりつけて、タルタルをのせて…。あー、幸せ~。

もしかしたら、今まで食べたハンバーガーの中で最もおいしいかもしれない。一見普通の、いや、ハンバーガーブームの昨今、むしろ地味目なバーガーのようですが…。

一口ほおばると、厚めにスライスされたスモークチーズの香りがガツンと来たかと思うと、トマト、玉ねぎ、ベビーリーフがしゃきっと、そしてニンニク風味のクリームが絡んだ半熟の目玉焼き、しかも2つ。ビーフパテは、中がレアでしっとり。

断面の写真が汚すぎてお見せできないのが残念ですが、すっきりした外観の一体どこにこんな具材が詰まっていたんだろう。4次元空間なのかな。

付け合わせのポテトもすごいですよ。外はカリカリ、中身はマッシュポテトかと思うほどねっとり。当然ビールに合います。

あまりにもおいしすぎて、サイドメニューからポテトだけお代わりしてしまいました。

生肉好きはこちらも試さないとね。カルパッチョです。

たっぷりのルッコラサラダとオリーブのペースト「タプナード」で、さっぱり食べられます。

ホテル併設のレストランだけあって、朝食ブッフェもあります。

このブッフェが、また期待を裏切りません。まずは種類が豊富。そして、一つ一つがおいしい。スロバキア独特の料理やペストリー類もあるので、いろいろ試すのが楽しいです。

このホテルは、客室やバスタブも広く、のんびりくつろげます。ミニバーの水やビールなどが無料なのもなんだかうれしい。いつもの旅行予算よりはちょっとオーバーしてしまうなぁ、と思ったのですが、泊まって大正解。また泊まりたい。

タルタルやハンバーガーもいいけど、スロバキア料理も試さないとね。

こちらはハルシュキという、ジャガイモと小麦粉のすいとんのようなものに、羊のチーズを絡めた料理。カリカリベーコンがアクセントです。

餃子のようなピロヒーは、これまたジャガイモと小麦粉で作った生地でマッシュポテトを包んだ料理。サワークリームや羊のチーズを絡めながら食べます。モチとした食感で、結構お腹にたまります。

ブラチスラバの街は本当にこぢんまりしていました。

思い返せば、滞在中の移動は全て徒歩で一度も交通機関を利用しませんでした。

聞けば人口42万人程度の小さな街。一国の首都としてはかなり小さいのではないでしょうか。

中央駅もこぢんまり。古めかしく、懐かしく、よくわからないけど社会主義っぽい、なんかいいね。

シンプルな作り。

駅前の食堂兼ペンションも素っ気ない佇まい。

お、あの看板は!スロバキアで最も一般的なビール「Zlatý Bažant(金のキジ)」のタンクが飲めるっぽい。

朝だったので、ちょっと軽めの10°、アルコールは4.3%だったかな。

コクや苦みはほとんどないけど、すーっと体に染み渡ります。

朝食や休憩に、パン屋兼喫茶店に立ち寄ります。

ここら辺の国の、こういうサンドイッチって、すごい。

しっかりしたパンに、具が惜しみなく挟まっている。でも、食べている途中に決して崩れたりしない。むにゅっと、具だけが飛び出したりしないんです。

こういうサンドイッチ好きだなぁ。

何だか食べてばかりですが、しっかり観光もしましたよ。

定番の旧市街にミハエル門、フラヴネー広場のかわいい日本大使館、聖マルティン大聖堂、青の教会、国立ギャラリー、自然史博物館、ユダヤ博物館…、こうしてみると見所は結構あります。ブラチスラバ城に行く時間がなかったほどです。

アジア料理もちょいちょいあります。

しかもおいしい。

おいしい料理やビール、そして素敵なホテルにのんびりした町並み。ブラチスラバに行かない理由はない!2時間で十分?そんな短時間では足りませんよっ!

#ビール #ぎょうざ

​おすすめ記事

© 2016 アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間