【ギリシャ】海辺の温泉とタコのグリル

最終更新: 9月21日


アテネから電車や車で約1時間の町「ルトラキ」(ルートラキとも)は、日帰りで行ける庶民的リゾート地。さらにこの町は温泉が湧いていることでも有名なんです。

ヨーロッパでも温泉がある地域は意外と多く、その中でもハンガリーの温泉が有名ですね。でもルーマニアやブルガリアでも気持ちのいい温泉に浸かれたし、猛暑のアテネで溜まった疲れを癒やしに、これは是非体験してみないと!

ただしヨーロッパの温泉は、日本の温泉の趣とはかなり違います。水着着用で、水温も一般的には低くどちらかと言えばプールのような雰囲気。治療目的の施設も多く、医者が常駐していたり、殺風景な病院のような施設もあります。

ルトラキは、ギリシャ語でルトラ=風呂、キ=小さな町を意味するようで、名前からして温泉地!

アテネからだとバスや電車が1時間に1本程度あるので、急に思い立っても出かけられます。

ただし、電車の場合はコリントスという町で降りて、そこからタクシーで20分ほどかかるので、どちらかと言えばバスの方が便利かな。私は行きは電車、帰りはバスを利用しました。

アテネとルトラキまたはコリントス間を移動するときにはコリントス運河を通過します。

エーゲ海とコリンティアコス湾を結ぶ目的で、ペロポネソス半島を分断する形で作られた運河です。まっすぐな断崖絶壁が絶景です!

さてさて、お待ちかねの温泉施設はLoutraki Thermal Spa」。公民館のような建物を入ると、むわっとプールのような匂いがします。

まずは受付で名前や年齢などを聞かれ、問診票の様なカードをもらい、奥の医者のいる部屋に行くように言われます。

そこで血圧を測り、日本の健康診断などでもよくある簡単な質問、例えば持病や常備薬、心臓病の有無などを聞かれます。

問診票はギリシャ語のみですが、受付やお医者さんは英語が通じるので問題ありません。

お医者さんのサインを問診票にもらったら、再び受付に戻り、支払いを済ませます。

この施設はプランがいろいろあり、一番短時間のプランだとハイドロマッサージ付きプール20分で10ユーロ。私はハイドロマッサージ付きプール+サウナ+スシームバス(ハンマーム)90分で18ユーロを利用しました。

この他にも各種マッサージや個人風呂が付いたプランなどもあります。

シャワーキャップとタオルをもらい、いよいよです!

水温はかなりぬるめで30度ほど。口に入るとちょっと塩辛く、心持ち普通のプールより体が軽く感じます。ザバザバと泳いでいる人は皆無で、泡が出ている場所に腰や足を当ててじっと佇んでいる人が多いです。

歩き疲れた脚にきつめのジェットを当てると、きもちい~。

体のほてりが取れて、ちょっと冷えてきたかな、と思ったら、サウナやスチームバスへ。じんわり汗が出てきて、スッキリします。

この他に野外プールもありました。

パンフレットによると、ここの温泉の成分は水1kgあたり、カリウム39.4mg、ナトリウム497mg、アンモニウム0.12mg、マグネシウム80.6mg、塩化物918.2mg、硫酸塩137.2mg、重炭酸イオン350.1mg、とのこと。これを見て効能がどうとか、私には全く分かりませんが、温泉好きな人はぱぱっと水質なんかが分かるのでしょうか。

そうそう、館内に給水器があるのですが、この水がすっごく美味しいのです!お風呂上がりにググッと、あ~最高!

いくら美味しい水を飲んでも、やっぱりビールが飲みたくなるのは人の常。

でも心配はいりません。海沿いに並んだレストランやタベルナで海を見ながらビールをググッと!

ギリシャは凍らしたグラスでサーブする店があるほど冷た~いビールが鉄則の模様。蒸し暑く、日差しの強いこの気候、なるほどぬるいビールはちょっと考えられません。

シーフードが美味しいギリシャ、アテネでも十分美味しい物が食べられるのですが、海沿いの町を訪れると、ついつい頼んでしまいます。

ギリシャ名物「タコのグリル」は、大ぶりのたこ足を白ワインなどで蒸し煮にして、グリルで焼いたもの。普通のゆでだこよりもムッチリ、外側はカリッと。食べ応えも抜群でおいしい。もちろんレモンをぎゅ~っと絞って!

イカを食べる国は多いけれど、タコを食べる国って意外と少ない気がします。

ギリシャはどんな小さなスーパー(食料品店と言った方がしっくりくるようなお店)でも、冷凍の生だこが1杯まるごと売られています。

海辺の町ではシーフード、と言っておきながら、スブラキを。ギリシャ版串焼き肉です。お肉は豚がよく使われています。シンプルな塩串焼きに、レモンやヨーグルトサラダを好みでつけて。ピタパンに挟んでもおいしいです。

海岸沿いにはナツメヤシの木が。

ナツメヤシがしっかり実っていました。エジプトでもぼちぼちスークで見かけます。秋の到来です。

小さなビーチでは海水浴をしている人が大勢います。外国の海にもいろいろあると思いますが、何だろう、日本のビーチのようなイエーイ感って、あんまり見かけない気がします。淡々と海に入ったり、寝っ転がって本を読んだり。日本のビーチって全く行く気が起きないけど、こういう雰囲気だといいなぁ。

海をのぞき込むと、その透明度にびっくり。エメラルドグリーンの海がどこまでも続きます。


​おすすめ記事

© 2016 アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間