【ロンドン】生粋のエジプトコシャリ パラリと魔法のパウダー


国際色豊かなロンドン。街を歩けば「イギリスの料理」よりもチャイニーズやインド、トルコなどなど、世界各国の料理のお店が目立ちます。

アラブ・中東系の移民も多く、彼ら発祥の料理も広くロンドンの食卓に根付いているようですが、多くはレバノンやペルシャ、北アフリカなど、ざっくりしたカテゴリーのような印象を受けます。

そんな中、なんと、我ら?エジプトの国民食「コシャリ」の専門店がありました。

Koshari Street」はロンドンの中心「コベンントガーデン」と「レスタースクエア」の間にあります。

カウンターだけの小さなお店。

それでもひっきりなしにお客さんがやって来ます。

メニューはコシャリの他、モロヘイヤやファラーフェルなどのラップサンドなどがあります。

お菓子もあります。

ここはとりあえず定番のコシャリを。

一番小さなサイズを注文しましたが、ボリュームは満点。お、カイロっぽい。

カイロと同じく、ショーケースの食材を器にどんどん盛り付けていくので、急いでる時でも安心。すぐ出来ます。

米、マカロニ、レンズ豆はあらかじめしっかり混ぜてあります。

これにトマトソース、フライドオニオン、ひよこ豆をのせます。

スパイシーなソースをかけてもいい?と聞かれたので、もちろん!と。

ちなみに、カイロのコシャリ屋さんでは必ず置いてある「シャッタ(チリソース)」と「ダッア(ニンニク酢)」はイートインスペースに見当たりませんでした。

おお、これは。カイロの味。お店がおしゃれなので、チャラついた味かと思いきや、いやいや、なかなかカイロの雑踏の味。

短く切ったスパゲッティーが入っていないのですが(私は自分で作るときは入れません)、米はパラッと、マカロニはぐにっと柔らかく、それでいて全体は一つ一つの具材が独立しているのです。

そうそう、コシャリってこれだ。全体的にぐしゃぐしゃのように見えて、実はパラッとしている。これこれ。

それに、トマトソースが美味しい。というと、しっかりした甘みと深みがあるトマトソースかと思うかもしれませんが、これはさっぱりしたソース。

これこそがコシャリの雰囲気を決める最大の要因だと思うのです。

コシャリのトマトソースは玉ねぎは基本的には使いません。

いや、別に使ってもいいのですが、普通は使いません。エジプト人にコシャリの作り方を教わった時も、玉ねぎは入れないのよ、と言われたし、アラビア語のレシピをいろいろ見ても入れないのが多いのです。

日本人的には玉ねぎをしっかり炒めて、甘みのある「美味しい」ソースを作りたくなりますが、「甘ったるい」ソースだとやっぱり違うのではないかなと思います。

いや、むしろその手の込んだソースの方が美味しくなるかもしれませんが、美味しいけど、ああ、カイロのコシャリとは違うな、なんて思ってしまうかもしれません。

そうそう、このお店のコシャリ、ドライミントやナッツなどを細かく砕いたパウダーがかかっていました。

これがあまりにも美味しく、お店の人に聞くと、カシューナッツやピーナッツなんだとか。

もしかしてアレルギーでしたか?なんて慌てさせてしまいましたが、いえ、すごく美味しかったので!

あとで思ったのですが、このパウダーはエジプトでは「デュッア」と呼ばれる物をイメージしたのかな。

デュッア(ダッア、ダッカetc…)は地域によって違いがありますが、スパイスやハーブなどを粉状にしたもの。オリーブオイルに溶いてパンに付けたりします。

エジプトのデュッアは、塩、クミン、コリアンダーシード、ごま、ピーナッツなどを使い、エジプト人曰く、貧しい人が食べるのだとか。

一方、コシャリにかけるニンニク酢「ダッア」。

エジプトではガラスの瓶に入っていたり、持ち帰りの時にはポリ袋に入れて口を縛ってくれたりしますが、最近はこんなのも。

このお店では見当たりませんでしたが、もしかしたらあらかじめソースに入っていたのかもしれません。

このデュッアとダッア。文字で書くと全く同じなのですが、エジプトでは発音の違いで呼び分けています。

もしかして、このお店はダジャレを効かせていたのかな。なんて。

※リニューアルしてお店の外観は変っています

#コシャリ

© 2016 アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間