【カイロ】しっぽりビールが飲める おじさん居酒屋から町を見下ろすバー


イスラム教徒が大多数を占めるエジプト、お酒は全く飲めないと思う人も多いと思うのですが、数は多くはないものの酒屋さんはあるし、ワイナリーまであるのです。

しかしながら、お酒を出すレストランは非常に少なく、ふらっと立ち寄ったお店で冷たいビールいありつける…ということは殆どなく、お酒が飲みたい場合は家で飲むか、あらかじめお酒を出すお店を調べておく、といった手間が生じるのです。

お酒はスーパーなどでは販売しておらず、酒屋で買うことになります。

こういうお国柄、ちょっと隠れた場所に酒屋はあるのではないか、と思うかもしれませんが、お酒自体は違法でも何でもなく、普通に看板を出して商売をしています。

デリバリーをしてくれるお店も多いので、我が家でもビールをケース買いしています。

酒屋チェーン店「ドリンキーズ」ではネットで注文できますよ。

そしてもう一つ、意外なことにお酒と簡単なつまみを出す居酒屋も存在するのです。

例えばカイロの古くからの中心地、ダウンタウンには、おじさんがチビチビとウイスキーやビールを飲むクラシカルなお店が密集しています。

よく注意していないとそこが「居酒屋」だと気付かない場合が多く、店内も薄暗いことが多いので、あやしいお店なのでは、と思うかもしれませんが、そんなことは決してないのでご心配なく。

ただし、いくつか注意点があります。

お店にもよりますが、女性だけで行くのは避けた方がよいです。

その理由は危険だとか、そういう事ではありません。

大抵はおじさんが静かに飲んでいるだけで、酔っ払って絡んでくる、みたいなことはありません。むしろ日本よりも安全かもしれません。

しかしながら、こういった類いのお店は女性が気軽に入るお店ではないのです。エジプトはそういう社会です。これは町の喫茶店(マクハー、アホワ)にも通じるものがあると思います。

一昔前の日本でも、例えば立ち飲み屋に女性客が入りにくい、といった雰囲気でしょか。

外国人だと大目にみてもらえるかもしれないし、「全然気にしない~」と言う人もいるかもしれませんが、周りのおじさん達が気にしています(これはエジプト人がよく言う)。

あと、住んでいると、お店に入るところを(エジプト人の)知り合いに見られたらイヤだなぁ、というのもあります。

もう一つ。こちらもお店の雰囲気にもよりますが、大人数で騒ぐのは見苦しいです。

ウエーイ、とか、ダメ、絶対。

ダウンタウンの地下鉄アタバ駅に近いアドリー通りにあるのが「Moryas」。

昼間から空いていますよ。

中は薄暗く、カウンターにはウイスキーなどが並んでいます。

エジプトの代表的なビール「ステラ」。

星が目印です。

さっぱりとした飲み口。

つまみはトルモス

こういうお店のつまみの定番。コリコリして美味しい。

ルッコラやフールなんかを出す場合もあります。

なんと!美味しいビールの証「天使の輪」が出来ました。

これは、ビールの温度、グラスの状態、注ぎ(自分で注いだのだけど)などが最高の状態でないと出来ません。

同じくダウンタウンの「Cap D'or」。

こちらはちょっと有名。欧米人女性なども時々見かけます。

Moryasと同じような雰囲気で、ビールやウイスキー、簡単なつまみが出ます。

テーブルがステラオリジナル。ちょっと欲しい。

タハリール広場から東へ、ブスターン通りにある「Horryia」。

ここは女性でも入りやすいです。

通りから中が見える左側は普通のカフェ。板が張ってある右側がお酒を出す席。

アルコールを飲む姿は通りから見えないようになっています。

このお店はオープンな雰囲気で外国人も多く、女性の姿も見かけるので、旅行者でも問題ないでしょう。

高い天井やクラシカルな内装で、雰囲気はよいです。

これらのお店以外にも、ダウンタウンは歩いていると居酒屋をちょくちょく見かけるのです。

所変ってナイル川西岸の「ドッキ」。

中流層の住宅地兼繁華街といった雰囲気で、居心地のよいエリアです。

地下鉄ドッキ駅を上がってすぐの場所にあるお店

ちょっと奥まっていますが、ステラの黄色い看板が、大通りからも見えます。

こちらはダウンタウンの「Moryas」、「Cap D'or」と似た雰囲気です。

女性だけでは入りづらいかもしれません。

場所をぐーんと移動して、ムハンマド・アリモスクなどがあるシタデルの向かいは「ムカッタム」という地区です。

小高い丘になっているので、夏は下界?と比べて若干涼しいのです。

この地域の先端にある「Virginian」はとにかく眺めがよい。

夕暮れのカイロ。

崖ぎりぎりにお店があるので、バーンと視界が開け、すこぶる気持ちいい。

お店は古びていて、サービスも遅いのですが、夜の風に吹かれながら飲むビールは最高です。

アルコール以外のメニューもあるので、エジプト人の家族連れなども多いです。

女性だけでも問題ないですよ。

これらのお店の他、狙い目なのが中級ホテル。

高級ホテルでお酒が飲めるのは当然なのですが、中級ホテルでもお酒を出すバーがある場合があります。

ナイル川中州、昔からのハイソなエリアの「ザマーレク」だと、「Roof Top」。

ナイルザマーレクホテルの屋上にあります。

ここの売りは、何と言っても景色。ナイル川に面しているので、昼間でも夜でも抜群の景色が広がります。

客層はエジプト人、その他アラブ人、欧米人などで、女性だけでも問題ありません。

ちょっと騒がしいです。

そこそこ高い割にはテーブルが汚いなど、個人的には??なのですが、眺めがよいので。

ドッキの「King Hotel」も屋上にバーがあり、アルコールの提供がありますよ。

ダウンタウンでもバーがある中級ホテルやクラシカルなレストランなどが点在しています。

紹介したいのだけど、キリがないのでこの辺で。

※ラマダンなど、イスラム教関連の行事にはお酒の販売、提供を自粛する事があります。特にラマダンは多くの酒屋が約1カ月間休業するので、買いだめをオススメします。

#ビール #カイロ

​おすすめ記事

© 2016 アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間