【カイロ】もっちりミルクとココナッツ 食べるソービヤ


エジプトでソービヤ(ソビヤ)というと、ラマダーンの時に飲む甘ーいココナッツ風味のドリンクです。

伝統的には、柔らかく茹でた米、牛乳、砂糖、ココナッツなどをミキサーにかけて作りますが、粉末のソービヤの素も売っているので、これを水や牛乳に溶かして手軽に作ることが出来ます。

街角のジュース屋さんにも大抵置いてあります。

ちなみに、湾岸、特にサウジアラビアなどでは、大麦などを軽く発酵させて作るドリンクをソービヤと呼ぶようです。エジプトのソービヤとは少し違いますね。

普通のソービヤは紛れもなく飲み物。なのですが、なんと食べるソービヤも存在するのです。

サイイダ・ザイナブにある「ソービヤ・ラフマーニー」。1920年ムイッズ地区で創業し、1950年にサイイダ・ザイナブに移転したそうです。

サイイダ・ザイナブの人とお店がぎゅぎゅっと詰まった一角にあります。

メニューはミゼズ、ヘルー、グラースの3つだけ。

レジで注文して、レシートをソービア注ぎ係の人に渡します。

もっちりとした不思議な食感。

ムハラビーヤのよう、なんて言われますが、それよりもどっしりぶりんとして、くず餅のよう。

基本的な材料は米、ミルク、砂糖。甘みの付いたヘルーはこれにイシュタ、バニラ、ココナッツスライスが入っているのだとか。シンプルです。

仕上げにシナモンをたっぷりとかけて。

客席などはないので、店の前で適当に食べましょう。

持ち帰りの場合は紙カップに入れてもらえます。

ミゼズはこのお店の看板メニュー。これこそがソービアの起源らしい。

酸っぱいといった意味で、甘くはありません。電流が走るようなピリッとする、独特の風味です。

初めてだと結構衝撃的な味。

ヘルーは甘みが付いて食べやすい。

ココナッツスライスが入っていて、もっちりの中に、シャクシャクした食感がアクセント。

グラースはいわゆるアイスクリーム。

バニラでもない、ミルクでもない、ソービヤのアイスクリーム。

サイイダ・ザイナブ以外にも支店がいくつかあります。

こちらはムカッタム店。

小さい間口でうっかり見落としそうです。

イベントにも出店していることがありますよ。

毎年カイロで行われるインターナショナルブックフェアでも見かけました。

支店はサイイダ・ザイナブのお店とは雰囲気が異なり、なかなか現代的な店構えです。でも味が落ちる、などな一切なく安心。

ちなみにグラスでの提供はサイイダ・ザイナブのみのようです。

飲み物のソービヤは甘くってちょっと苦手…という人も、この食べるソービヤは気に入ると思います。

カレーは飲み物、宜しく、ソービヤは食べ物、なのです。

#カイロ

© 2016 アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間