水晶のようなお菓子「バッルーリーエ」


クナーファを使った見た目も名前も美しいお菓子「バッルーリーエ(バッルーリーヤ)。」  クナーファについてはこちら

アラビア語で水晶という意味のこのお菓子は、その名の通り焼き色を付けずに白い状態で仕上げます。

本来は鮮やかな緑色が魅力的なピスタチオを使うのですが、今回はクルミを使用しました。

(エジプトではナッツ、特にピスタチオはかなり高く、その割にはどんよりした色のピスタチオが多いのです。)

時間はかかりますが、材料もシンプルで、油は使いません。意外とヘルシーなお菓子なのでしょうか。

きれいなピスタチオが手に入ったら、是非作ってみましょう!

材料(直径22センチの丸形)

クナーファ…180g

ナッツ(ピスタチオ)…200g ※今回はクルミを使用

グラニュー糖…20g

シロップ…大さじ3

バラ水…小さじ1 ※あれば

シロップ…300g~

~シロップの作り方~

グラニュー糖 2 カップ、水 1 カップを鍋に入れ、火にかけ沸騰したら弱火にして 10 分加熱する。レモン汁 小さじ 2 杯を加え、一煮立ちさせる。好みで花水を小さじ 1 杯加えてもよい。

作り方

①クナーファを手でちぎりながら、ほぐす。

②ナッツは粗めに砕き、砂糖、シロップ、好みでバラ水を混ぜる。

③トレイに薄く油(分量外)を塗り、クナーファの半量を敷き詰める。

④クルミをのせ、表面を平らにならす。

残りのクナーファを敷き詰める。

⑤表面をラップで覆い、同じ大きさのトレイを重ねる。重石をのせて一晩から一日休ませる。

⑥重石、ラップを取る。

150~160度に予熱したオーブンで15分程焼く。焼き色は付けず、全体が乾燥する。

⑦オーブンから出したらすぐに温かいシロップをかける。

一日ほど休ませ、好きな大きさに切り分ける。

日本では、冷凍されたクナーファがインターネットで買えるようですね。

トルコ語などの「カダイフ」で検索すると見つかりやすくなります。

過去のクナーファを使ったお菓子のレシピはこちら↓

クナーファ・ビ・リコッタを作ってみよう

シリアのお菓子工場仕込み! クナーファの一口菓子「アッシュルバルバル」

#クルミ #クナーファ

​おすすめ記事

© 2016 アラブでお菓子のハナシ、ゴハンの時間